よく見かけるけど、スペシャリティコーヒーって何?

タイトルにもある通り、疑問になっている人いません?

現役でバリスタをしていると2人に1人

いや、聞かないだけでもっと多くの人が何それって感じていると思う

コーヒーは苦ければいいんだ!!!

っていう思考が徐々に紅茶ライクなテイストや

ジューシーな果実感が味わえるものなど様々なコーヒーが世に出てきている

こんなにも魅力的で奥の深い飲み物

知らずに飲むのがもったいない!

スポンサーリンク

ざっくり言うと!

  1. 生産工程がしっかりしている
  2. 味が綺麗で明るい
  3. 質感が滑らか

ざっくりしすぎだけど、今回は大枠を捉えていただければ…ね…

①生産工程がどう違うのか

美味しさを保つためには

コーヒーの豆が全ての段階において

一貫した体制・工程・品質管理が徹底していることが絶対!!

そして適切な輸送と保管により、劣化のない状態

欠点豆(虫食いや欠けているetc…)の混入が見られない焙煎豆

もうこの時点で美味しいじゃん

日本のスーパーの野菜も生産者の顔がわかる方がなんだか安心する

コーヒーって昔から飲まれているけど

あんまり生産工程って知らずに飲んでいるのも現実

実はすごい低賃金で不衛生な環境で作られていたのも事実

それがここ最近になって変わってきている

この時代に生まれて本当に良かったなぁ

スポンサーリンク

②味が綺麗で明るい③質感が滑らか

これが可能になるのは上で言ったことが叶ったからである

具体的に言うと

質の悪いコーヒーは深く焙煎して苦味でごまかせていたと言うこと

フレンチローストが良い例

大昔にフランスが安く仕入れていたものが美味しくなかったから

黒光するまで焼いて飲んでいたのだ(諸説あり笑)

今では質の良いものが生産されるので

浅く焙煎して明るい酸味やフルーツのような甘味が引き出せるようになった

後味のスッキリとした抜ける感覚は本当に気持ちの良いことやら

他にも細かい決まりはあるのだけれど

最低限知っておいて欲しいのは以上

スポンサーリンク

夜更かししたい日に

たまには紅茶感覚で浅煎りのコーヒーでもどうだろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です